0 返信 最新の回答 日時: Nov 17, 2005 1:42 PM ユーザー:(brazil)

    [参考] PDFファイルのダウンロードダイアログを有効にする

    Level 1
      WEBサイトのPDF文書のリンクをそのままクリックすると、通常はWEBブラウザ内で開いてしまう。
      ときには数MBの文書もあったり、PDF文書と気づかないままクリックしてしまって慌てる場合も多い。

      「環境設定/インターネット/PDFをブラウザに表示」で設定してもよいが、そうすると「ブラウザ内表示」とそうでない場合の切り替えが面倒だ。

      一般ファイルのダウンロードのように、リンクをクリックするとダウンロードダイアログが表示され、「保存」か「開く」かをクライアント側で決めたいというのが人情だろう。

      そういう場合に有効なレジストリーの変更方法が公開されている。
      サイトは以下のところ。有名なところなのですでにご存知かも。

      ・PDFファイルのダウンロードダイアログを有効にする
      http://pcweb.mycom.co.jp/column/winxp/178/

      WindowsXP向けとなっているが、Windows2000 SP4でも試したところうまく動作した。
      「保存」の場合はローカルPC上に保存できたし、「開く」だとブラウザ内表示で開いた。

      ただし、私の場合、設定すべき場所「AcroPDF.PDF.1」が1箇所でない場合もあり(アップデートの繰り返しやAcrobatとAdobe Readerが混在しているせいかもしれない)、1箇所だけ設定したらうまく動作しなかった。

      「AcroPDF.PDF.1」であり尚且つ「EditFlags:00 00 01 00」、および「AcroExch.Document.7」であり尚且つ「EditFlags:00 00 01 00」なものを検索してから全て変更してみたら、今度はうまく動作した。

      上記サイトの著者の阿久津良和さんは、『Windows XP レジストリ ポケットリファレンス』という本を出されたばかり。

      『Windows XP レジストリ ポケットリファレンス』
      http://www.gihyo.co.jp/books/syoseki.php/4-7741-2576-8
      阿久津良和 著 / 四六判 / 264ページ
      ISBN4-7741-2576-8 / 2005年11月11日発売
      技術評論社
      定価1869円(本体1780円)