2 返信 最新の回答 日時: Jun 7, 2007 10:32 PM ユーザー:(デジおやじ)

    「用紙に合わせる」印刷でズーム値が...

    Level 1
      Windows XP SP2、Adobe Reader 8 で使用しています。
      印刷する場合、プリンタの用紙が A4 で PDF 文書の用紙サイズも A4 なのに、印刷で「用紙に合わせる」または「大きいページを縮小」にすると、本来100%であるはずが95%や97%になってしまうのはなぜでしょうか?
      サイズが混在している場合も A4 単一の場合も同様です。
        • 1. Re: 「用紙に合わせる」印刷でズーム値が...
          Level 1
          Adobe Readerのヘルプで「印刷ダイアログボックスのオプション」を見ると、以下のようにある。

          > 用紙に合わせる : 現在選択されている用紙サイズの印刷可能領域に合わせて、各ページが縮小または拡大されます。PostScript® プリンタでは、用紙の印刷可能領域は PPD により決まります。

          「用紙サイズの印刷可能領域」というのに注目であろう。
          私の手近に使っているプリンター(Xerox社製)でも、[用紙に合わせる]にすると拡大率が96%になる。
          Xeroxのプリンターのプロパティでは、印刷領域(プリント領域/余白)が予め上下左右とも4.1mmになっている。これをすべて0mmにしてみる。すると、拡大率は100%となった。

          [ページの拡大/縮小:なし]にすれば、当然拡大率は100%になる。PDF文書と印刷先の用紙が確実に合致すると分かっていれば、[ページの拡大/縮小:なし]でも構わないことになる。
          • 2. Re: 「用紙に合わせる」印刷でズーム値が...
            Level 1
            brazilさん、アドバイスありがとうございます。お返事が遅くなりました。

            Adobe Reader のヘルプ「印刷ダイアログボックスのオプション」の引用については、意味がよく解りませんでしたが、brazilさんのコメントを拝読して “実際の用紙サイズに対するプリンタの機種に設定されている印刷可能領域” が % としてズーム値として現われることを知りました。
            さっそく使用しているプリンタのプロパティをくまなく探し、印刷領域=標準となっていたものを見つけて「最大」に変えてみたら、95%だったものが100%になりました。
            ありがとうございます。