2 返信 最新の回答 日時: Jun 12, 2008 3:26 PM ユーザー:(brazil)

    ネット不可環境でのアップデート

      社内LANを構築していますが、インターネットはできないようになっています。
      Acrobatリーダーが約250台、スタンダード・プロフェッショナルが50台ほど導入しているのですが、アップデート作業が1台ずつ手作業で行うため非常に時間がかかってしまいます。
      社内のサーバーとかにアップデートファイルを置いて、Adobeアップデートにて自動更新させる方法はないのでしょうか?
      バージョンは7〜8です。
        • 1. Re: ネット不可環境でのアップデート
          Level 1
          > Acrobatリーダーが約250台、スタンダード・プロフェッショナルが50台ほど導入
          これだけ導入していれば、Adobe側のサポートなり営業さんとの話しができるのでは?

          実際にアップデート作業を行うのは「C:¥Program Files¥Common Files¥Adobe¥Updater5」以下にあるAdobeUpdater.exeのようだ。
          「AdobeUpdaterPrefs.dat」ファイルを編集すれば、アップデートを止めることが出来る(下記サポート文章参照)。
          このあたりのファイルにアップデートを探しにいく設定ファイルがある?

          文書番号 : 232155
          起動時または作業中に Adobe Updater が起動する(Acrobat 8.x/Adobe Reader 8.x)
          文書番号 : 232371
          アップデートの自動確認を無効にする(Creative Suite 3)

          Adobe Readerが起動してれば、メニューからでなくAdobeUpdater.exeは単体で実行できるようだ?

          アップデートファイルは大概は実行ファイル。
          グループポリシーを使えば、ユーザーがPCにログオンしたら、所定サーバーにアクセスしてアップデートファイルを実行するといったことは出来るのでは? (そういう管理はやったことがないので単なる思い付き)

          Adobe Customization Wizard(あるいはInstallShield Tuner)は大規模な導入を簡単にするものだが、その機能には事前のアップデート無効化もあるという。

          Windowsには社内にWindows Update用のサーバーを置いて社内からはそこへアクセスさせるといったものがあるが、Adobe製品にあるかはしらない。
          下記サイトには「中央サーバ上でのホスティング」という文字もある。「ホスティング」がアップデートの配布まで意味するのかどうか?

          「Adobe Acrobat 8およびAdobe Reader 8のホスティングに関する情報は、近日中に掲載する予定です。」とあるが、すでにAcrobat 9、Adobe Reader 9のリリースが来月に控えているので、情報は更新されないかもしれない。
          リンク先には英文のPDF文書がある。

          ・AcrobatおよびReaderの導入
          http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/solutions/it/deployment.html

          > Adobeアップデートにて自動更新させる方法はないのでしょうか?
          話しはずれるが、アップデートしない(されない)PCも出るかもしれない。そういうときに操作しているAdobe ReaderのバージョンをJavaScriptで知る方法もある。

          ・バージョンを調べる
          http://www.openspc2.org/reibun/Acrobat7/javascript/app/025/index.html
          • 2. Re: ネット不可環境でのアップデート
            Level 1
            追記。

            以下のAdobeサイトでは、「自社のイントラネットまたはローカルネットワークにAdobe Readerを配置される場合 」にはAdobe Reader配布許諾契約への入力が必要とある。無償であっても勝手にやってはいけないということ。

            ・無償のAdobe Readerの企業ネットワークでの配布、およびCDやコンピュータへのバンドル
            http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/distribute.html

            Active Directoryグループ・ポリシーによる管理なら、以下のサイトのような情報が。

            ・Adobe Readerをサイレント・インストールする
            http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/967sinstadbrd/sinstadbrd.html

            ・MSIファイルをActive Directoryのグループ・ポリシーでインストールする
            http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/963msiaddeploy/msiaddeploy.html
            「Active Directory環境を構築していれば、グループ・ポリシーを活用し、MSIファイルを配下のコンピュータに対して配布、インストールすることが可能だ。(中略)Flash PlayerやAdobe Readerなどは、再配布版がMSIファイル形式でも配布されているので、これらを社内のコンピュータにインストールする際にも活用可能だ。」

            ・Adobe Readerの再配布版(スタンドアロン・インストール版)を入手する
            http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/961getadbrdi/getadbrdi.html

            上記ではバージョン確認をAcrobat JavaScriptで行う方法をリンクで示したが、レジストリ内容を確認することでも可能のようだ。
            こちらもActive Directoryのグループ・ポリシーで可能ではなかろうか?

            ・Adobe Readerのバージョンをリモートから確認する
            http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/970getadbrdver/getadbrdver.html