3 返信 最新の回答 日時: Mar 16, 2009 3:04 PM ユーザー:(radeon)

    [開く]のデフォルトフォルダの設定

      Adobe Readerで[ファイル]の[開く]を選択したときに表示されるフォルダの設定方法を教えてください。

      ファイルの保存先の設定方法は実施済ですが、その値とは違うようです。
        • 1. Re: [開く]のデフォルトフォルダの設定
          Level 1
          基本として操作環境は明確にされたほうがいいですね。

          OS名とバージョン、関連するアプリケーション名とバージョンが不明です。

          > ファイルの保存先の設定方法は実施済ですが
          念のため、どういう手法を用いたのか、それはどこかで入手した情報なのかを記載したほうが何かのヒントになるかもしれません。

          以下はAcrobatフォーラムでの過去投稿から。

          ・Adobe Japan User to User forums - 保存先の指定
          http://forums.adobe.co.jp/cgi-bin/WebX?128@@.4ebd74ae

          上記内でも触れているように、Windows2000以降の[開く][保存する]ときのダイアログはコモンダイアログといわれ、左部分に表示されるプレースバーはレジストリでカスタマイズ可能 。
          以下はその操作を容易にするツール。

          ・PlacesBar
          http://dhive.jp/dhappli/placesbar.html
          • 2. Re: [開く]のデフォルトフォルダの設定
            Level 1
            メッセージありがとうございました。
            過去投稿と同じ質問をして申し訳ありませんでした。

            結局、こちらでは以下の対応を採用しようと考えています。

            > 以下のレジストリで各アプリの最終保存場所が記憶されているようだ。

            > HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥Windows¥CurrentVersion¥Explorer¥ComDlg32¥LastVisited MRU

            > ここのレジストリをエクスポートし、Acrobatを起動するまえにレジストリを上書きしてやると、保存先は一定化する。

            レジストリの設定内容がバイナリなので内容を確認できないので進められませんが、意図していた動きになるのでOKとしました。
            ありがとうございました。
            • 3. Re: [開く]のデフォルトフォルダの設定
              Level 1
              > レジストリの設定内容がバイナリなので内容を確認できないので
              レジストリエディターには2種類ありますね。
              「Regedit.exe 」と「Regedt32.exe 」です。違いは以下のサイトでも述べています。

              ・Regedit.exe と Regedt32.exe の相違点
              http://support.microsoft.com/kb/141377/ja

              Windows2000の例で説明します。
              Regedit.exeでは、バイナリ部分をダブルクリックすると、少々見づらいですが、バイナリデータとテキストデータが同じ画面内に表示されます。

              Regedt32.exeでは、ダブルクリックだとバイナリエディターで表示しますが、[表示/バイナリデータの表示]を選択するとRegedit.exeの場合のような、バイナリデータとテ キストデータが同じ画面内に表示されます。

              ただし日本語など2バイト処理が怪しく文字化けっぽいですね。

              代替案として。
              バイナリデータ部分をレジストリファイルとしてエクスポートし、該当する部分の余計なスペースを削除して、以下のようなデータ変換ツールサイトで16進からプレーンテキストに変換します。ただ し、ディレクトリを示す円記号は「5c」に置き換えます。

              ・データ変換ツール(BASE64, URLエンコード(URLデコード), HEX(16進ダンプ), MD5, SHA-1変換フォーム)
              http://hogehoge.tk/tool/

              16進ファイルとテキストファイルを相互に変換するフリーソフトもあるようです。