2 返信 最新の回答 日時: May 29, 2003 12:27 AM ユーザー:(Diana-613f306)

    起動時にエラーが出て終了

      eBook Readerをインストールして、起動しようとすると、「ファンクションが間違っています」というエラーメッセージのダイアログボックスが出てOKボタンを押すと、そのまま終了してしまいま す。エラー内容は「ID:eWin:1/BlkD:1」という意味不明のものです。
      どうも、正常にインストールされていないか、あるいは、引数でも間違ってインストールされているような気がしますが、よく判りません。
      OSはWindows XP(Home)で、マシンスペックはかなり高いです。セキュリティソフトを入れていますが、ダウンロード時にもたつく以外には、これと云って問題はありません。
      どなたか、何がいけないのか、ご存じでしたら、ご教示ねがいます。
        • 1. Re: 起動時にエラーが出て終了
          Acrobat eBook Reader2.2はWindows XPが対象OSとはなっていませんが、最新版では対応しているみたいです。

          ##必要システム構成:
          Windows
          ・ MicrosoftR Windows 98、Windows NTR 4.0*、Windows 2000、Windows Me
          http://www.adobe.co.jp/products/ebookreader/systemreqs.html

          文書番号 : 219534
          http://support.adobe.co.jp/faq/faq/qadoc.sv?219534+002
          Acrobat eBook Reader 2.2 (Win) : Windows XP への対応について

          つぎのAcrobatReaderのバージョンである「6.0」では、eBook閲覧も統合したものになるということです。米国ではすでにダウンロードが始まっています。
          日本語版は6月中頃の予定です。こちらのリリースを待つのもよいかもしれませんね。
          ---------------------------------------------------
          ・米国の「Adobe Reader6.0」download page
          http://www.adobe.com/products/acrobat/alternate.html

          ・日本Adobeのプレスリリース
          「アドビ システムズ 株式会社が電子文書の作成・管理ツールの最新版Adobe Acrobat 6.0 日本語版を発表」
          http://www.adobe.co.jp/aboutadobe/pressroom/pressreleases/200305/20030515acrobat6.html
          Adobe Reader 6.0は、2003年6月中旬よりアドビ システムズのウェブサイト(http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readermain.html)からの無償ダウンロードを開始します。
          Adobe Reader 6.0では、新たにeBook閲覧、Adobe Photoshop Album(TM)のスライドショーや電子カードの表示などができるようになりました。
          • 2. Re: 起動時にエラーが出て終了
            Level 1
            > namazu 様へ

            早速のご回答、ありがとうございます。
            しかしながら、なんとなく釈然としません。要は「最新版は、日本語化されておらず、6月にリリースされる」ということですが、Adobe のeBook Reader のダウンロードサイトのどこにも、そのようなアナウンスメントは載っておりません。ヴァージョンがいくつかあって、それのどれかをユーザが(自分の環境に応じて)選択できる、という仕組みで もあれば、まだ、納得できるのですが、(少なくとも)私がダウンロードしたページでは、そのヴァージョンを択ぶ以外の選択肢はありませんでした。
            仰言られる「Windows XP への対応について 」(文書番号 : 219534)を読んでみましたが、しっかりXPに対応している、としか読めません(ついでながら、これによって、私のダウンロードしたヴァージョンは、2.2.203.3 であることが判りましたが)。
            土台、ダウンロードする際に、そのページには、ちゃんと、XP対応と書いてありましたので、それで落としたはずなのに、なぜ? という気持ちです。

            (ちなみに、私がダウンロードしたページには、次のように、ありました——、

            >>必要システム構成
            >>IntelR PentiumRプロセッサまたはAMD Athlon?プロセッサ
            >>MicrosoftR Windows 98、Windows NTR 4.0*、Windows 2000、Windows Millennium、Windows XP
            >>256色以上表示可能なディスプレイ(推奨)
            >>Internet Explorerバージョン4または5。ただし、任意のブラウザを使用可能
            >>* 注: Windows NTの場合は、Adobe Acrobat eBook Readerのインストールにアドミニストレータ権限が必要になります。

            ——これで、信じて、ダウンロードして、使えなかったら、まず、マシンがおかしいのか、と疑い、あれこれ試してみて、これといった異状がなかったので、さらにアンインストールして、リインスト ールまでして、同じ症状が出たために、今度は、ネットで情報を調べ、最後に、このフォーラムへと行き着いたわけですが、もし、namazu さんの仰言られることが正しいならば、どう考えても、これは、不具合のあるソフトを、そうとは云わずに、頒布している、としか思えないのですが……)。

            こうした場合、フリーであるから、というのは、責任の阻却理由にはならない、と思います。
            すでに、PDF は、デファクト・スタンダードの地位を占めつつあるかに見えますが、先のことは誰にも判らない業界ですし、先行のエキスパンドブックや、最近では、kasis やドキュワークスなど、覇を競っているわけですから。しかも、eBook Reader は、PDFほど浸透しているわけではありません。であれば、その頒布は、企業努力の一環として、フリーのダウンロードソフトであっても、その企業の存立を賭けた、一つの営業行為であり、そこ に、かかる不具合があって、フォーラムまで辿りつかねば、その不具合のよって来る所以が判らない、というのでは、あんまりです。とりあえず、6月まで、待つしか、ありませんが、それにしても… …。
            今回の件では、Adobe 社さんの姿勢に、いささかの不信を抱かざるをえません。

            ともあれ、素早い、適切なるご回答には、深謝いたします。
            ありがとうございました。