0 返信 最新の回答 日時: Oct 13, 2006 9:50 AM ユーザー:(アドビフォーラム情報)

    【トピック紹介】Audition 2.0 のワークスペースと環境設定のバックアップ方法

    Level 1
      【オリジナルトピック】
      How can I back up Audition 2.0 workspaces and preferences?
      • 上記トピックを参照する際には、別途ログインが必要です(ゲストとしてのログインも可能です)

        【質問】
        Audition 2.0 のワークスペースや、環境設定のバックアップを取る方法を教えてください。

        【回答】
        ここでご紹介する内容は、公式なサポート内容ではなく、エンドユーザからのアドバイスです。
        そのため、作業中に誤ってファイルを破壊した場合には、プログラムの操作に問題が生じる可能性があります。下記の内容を十分ご理解いただけない場合には、作業しないよう、お願いいたします。

        時期を見て、Audition 2.0 のワークスペースと環境設定のバックアップをとっておくのはよいことです。
        やり方はいたって簡単です。以下の方法を参考にしてください。

        1. Audition を閉じます。
        2. 以下のディレクトリを探します。
        C:¥Documents and settings¥[ユーザ名]¥Application Data¥Adobe¥Audition
        3. 「2.0」というフォルダがあります。フォルダ(と中身)全体をコピーして、普通の Windows の手順で「最新2.0」(など何でも良いので)フォルダに名前を付け保存します。

        購入時の環境設定にリセットしたい場合には、元の「2.0」フォルダを削除すれば、Audition 2.0 を起動時に、初期設定の環境設定が自動的に再作成され、リセットすることができます。

        ただし、作業していた状態の環境設定とワークスペースは削除されてしまうので、バックアップをとらずに、削除しないでください。(バックアップ後に削除してください)

        【追加情報】
        将来問題が生じ、セットアップやカスタマイズ部分を修復(前の状態に戻)したいと思った時に、「最新 2.0」フォルダにあるファイルやフォルダをコピーして「2.0」フォルダに移動し修復する必要があるかもしれません。以下はフォルダやファイルの詳細です。参考にしてください。

        ■「DefaultWorkspaces」フォルダ - (工場ともいえる)ワークスペース。Audition がこのフォルダ下にコンテンツを探すため、同じ名前で別の(自分で考案した)デフォルト設定に置き換えることもできます。ただし、通常の状態である場合には、そのままにしておくほうがよいで しょう。

        ■「OriginalUserWorkspaces」フォルダ - 自分で作成したワークスペースのメインの部分です。(プログラムに依存したオプションを使って)修復した後で、ワークスペースを更新する際に、このフォルダのワークスペースのバージョンが使 用されます。

        ■「UserWorkspaces」フォルダ - 作業したワークスペースの最新バージョンです。ワークスペースを修復する場合には、Audition が修復済みのワークスペースを「OriginalUserWorkspaces」フォルダから元のフォルダに置き換えます。

        ■AudCust.ini - テンプレートの定義

        ■AUDITION.INI
        - 編集ビューのマスタリング定義
        - [CD からの抽出] の定義

        ■AudMP3.ini - MP3 エンコーディング設定の定義

        ■audition_settings.xml - 設定全般と、環境設定(役に立つもの多数)

        ■effect_settings.xml - エフェクトの設定

        【アドビ米国 ユーザフォーラム情報紹介について】