2 返信 最新の回答 日時: Dec 19, 2001 8:42 PM ユーザー:(chizu)

    ポインタが使えない

      PageMaker6.0を使っています。ある日突然、ポインタを使おうとすると、タイプ2のエラーという表示とともに閉じてしまうようになりました。6章の原稿のうちの1章だけです。何故な のでしょうか。解決する方法はないでしょうか。
        • 1. Re: ポインタが使えない
          Level 1
          文書ファイルの診断を実行することにより直る場合があります。
          以下のことをもし試されていないならお試しください。

          文書ファイルを開いて、ポインタツールを選択し、Shift + Optionキーを押しながら[書式]メニューから[ハイフネーション...]を選びます。するとコンピュータからビープ音をがなります。
          音が1回の場合は、再構成が成功し、修正する箇所見つからなかったことを示します。
          音が2回の場合は、1つ以上の小さな修正を行ったことを示します。
          音が3回の場合は、いくつかの問題を発見したが修正不可能だったか、メモリ不足のために診断プログラムを完了することができなかったことを示します。
          問題を解決した場合(音が1〜2回)は、「ファイル」メニューから「別名で保存...」を選んで文書ファイルの新しいコピーを作成します。

          PageMaker6.0は以前使用していましたが、よくファイルが開かなくなり悲しい思いを何度もしていました。懐かしいです。予防としては、「環境設定」の「保存オプション」を「ファイル サイズ最小」に、ページ数の多いドキュメントはなるべくいくつかに分けて作るようにした方がいいと思います。「保存オプション」を「高速」にしていると不要なファイルが残ってしまうため、ファ イルが肥大し不安定になるのでおすすめできません。6.5になってかなり安定しまして、もしシステムエラーなどで強制終了しても次に開くときにエラーの前まで保存していた状態のもので開くこと ができますし開かないということがほとんどなくなりました。6.5は気に入っています。(とはいってもInDesignに移行中ですが)
          以上、良かったらご参考に。
          • 2. Re: ポインタが使えない
            Level 1
            上の訂正です。
            『「保存オプション」を「高速」にしていると不要なファイルが残ってしまうため、』は『「保存オプション」を「高速」にしていると不要なデータがファイルに残ってしまうため、』の間違いです。
            失礼いたしました。