0 返信 最新の回答 日時: Jan 28, 2009 5:41 PM ユーザー:(tttkkk)

    CANON PRO9000でコンタクト出力の際に

       LR2.2でコンタクトシート作成をCANON_PRO9000で行ってます。
       コンタクト出力をするとプリントの上と下の部分にスジ状にガタガタのラインが出ます。しかしIDプレートとページオプションを使用しない状態だと何故だかこの現象は起こりません。
       
       最初はプリンタのハード面を疑ったのですが、もう一台のPRO9000でも同現象が起こります。ちなみIP4200プリンタでは起こりません。
       
       次にプリンタドライバを疑ったのですが、最新バージョンをインストールしMacOS10.4.11とOS10.5.5で試しても同じでした。

       LR2.2でコンタクトを一回JPEG出力して、再度出力しても同じ現象が起こります。
       だかコンタクトシートJPEG出力をCS3で出力すると、スジはまったく出ずに普通に出力できました。

       何かのバグでしょうかね
      他の方でこんな現象に悩まされている方いらっしゃいますか?
       スジが出る場所はA4プリントの上と下の部分の決まった場所です。

       ちなみに使用環境は
      INTEL MACPRO 2.66Dual メモリー6G
      OS 10.4.11 OS10.5.5
      プリンタドライバ 4.7(OS10.4使用時)
      LR1.4.1とLR2.2(両方試しました)