2 返信 最新の回答 日時: Jun 6, 2009 7:26 AM ユーザー:kegaru

    CS2のスクリプト動作中の処理速度をあげるには

    kegaru

      はじめまして

       

      初めて投稿いたします。

      ここのフォーラム自体が初めてなので、よろしくお願いいたします。

       

       

      現在Mac版をメインに、ときどきWin版のInDesignで作業しています。

      バージョンは両方ともCS2です。

      スクリプト言語はAppleScriptとJavaScriptです。

       

      最近、とても悩みなのが、InDesignは、スクリプトで制御しやすくて、記述はとても書きやすいと思うのですが、ページ数が多くなったときに、急激に処理速度が遅くなってしまいます。

       

      例としては、300ページの流し込みとした場合に、20ページあたりまでは、非常に高速なのが徐々に遅くなってきて、300ページ付近にきた頃には、信じられないような低速(手でコピーペース トするよりも遅くなってしまいます…)となってしまうのが、悩みのたねです。

       

      例えますと、最初の速度が100メートル走でオリンピック選手の金メリストが全力で走ってるとしたら、300ページ付近のときの速度は、一般の人がゆっくりとだらだらと歩いてるような感じです 。

       

       

      新しい物件を得るために新規顧客にデモなどを見せたい場合にも、こういう速度のデメリットがあるため、比較的軽めの処理を行うものしか見せることができない状態です。

       

      もちろん、速度が遅くなっても、一度セットしておけば、処理が完了しますので、その分の人件費は省けますし、手作業と違い、ミスにつながるケースも少ないため、メリットは十分あるのですが、そ れでもスクリプトの威力を客などにわかってもらうのは、速度も重要です。

       

       

      CS2で、なにかの記述で、処理速度をあげる方法などはありますでしょうか?

       

      いくら調べてもわかりませんでしたので、もし、ご存じのかたがおられましたら、アドバイスいただけないでしょうか?

      よろしくお願いいたします。